16: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)11:08:26 ID:iGP
大学生のとき、教授(当時五十代前半)に恋をしていた。
教授は既婚者だし倍以上年上だしで、相手にされる要素はまったくなかったけど。
でもなんとか振り向いてほしくて一生懸命勉強して、学会のお供をさせてもらえるくらいにはなってた。

教授のお気に入りポジションを獲得した頃、教授から自宅に呼んでもらった。
「家にある蔵書を見においで」
ということだったけど、いつもだったらわざわざ自宅に呼ばずに学校で本を渡してもらうだけだったから、
(きっと特別な意味があるに違いない!)
と舞い上がった。




自宅にお邪魔したら、奥さんと息子さん(私より10歳上で別の大学の講師)に紹介された。
奥さんがニコニコして
「ぜひ夕食も食べていって」
と言ってくれて、罪悪感を覚えた。
びびりながら教授の蔵書を見せていただいていたら、同じ分野を研究している息子さんも来た。
息子さんと色々話しながら本を見ていたら、いつの間にか教授が消えていて二人きりになっていた。

そこで初めて教授の真意に気づいた。
教授は日頃、
「息子に出会いがなくて~」
と嘆いていたんだ。

(そうか、教授は私なんか相手にしてなくて、息子にあてがおうとしてるんだ)
(それが普通なんだよね、きっと)
(だけど息子さんと結婚したら、教授とは家族になれるんじゃ?)
(これはチャンスじゃないの??)
と脳内で激しくこじらせながら、奥様に呼ばれて夕食の席についた。

その日はすき焼きだったんだけど、奥さんが息子さんにお肉をとってお皿に入れてあげていた。
息子さんが
「玉子がうまくとけてないよー」
と文句を言って、奥さんが自分の皿と交換してやった。
その後も息子さんの食事は、全部奥さんが甲斐甲斐しく面倒を見て、息子さんは食べているだけ。
たまに私を見て
「母さん、(私)さんにもお肉とってあげなよ、気が利かない」
と文句を言う。
教授は何も言わずに酒を飲みながら、その様子を目を細めて眺めていた。

(あ、マザコンとダメ両親だ)

って気づいたら自分でもわけがわからないくらいすーっと気持ちが冷めた。

その後、教授から
「息子がまた会いたいと言っているんだけど」
と声をかけてもらったけど、色々と言い訳して断り続け、就職も全く違う分野に決めてしまって同窓会にも行ってないのでもう教授とは交流もない。

今朝郵便受けの中に『○○教授退官記念講演』というお知らせが入っていたのを見て、当時のことを思い出したので書き込み。



チャンスはチェンジ