7: 名無しさん@おーぷん 2017/02/24(金)18:47:08 ID:d6h
大学の卒業間近に、当時付き合ってた彼と別れた。

彼が卒業したら地方の田舎に帰って家業を継ぐ修行を始めるらしくて、プロポーズをされた。
けど私はまだまだ結婚とか考えられなくて、そう言ったら
「婚約だけでもしておきたい」
と言われて、それも断った。

地方に帰るとか家業を継ぐとか修行とか、その時初めて聞かされて。
私は就職決まってたけど、彼は希望職種(家業とはまるで関係ない)に拘り過ぎて卒業まで決まらないままだったから、
(どうするつもりなんだろう)
と心配してたが、聞くと不機嫌になるから突っ込んで聞けなかったし、私の方は新社会人として研修がスタートしてたし。
(突然そんなプロポーズされても)
としか思えなかった。
古い考えかもしれないけど、結婚するならせめて3年は勤めて経済的にも仕事にもある程度の自信を持ててからじゃないとって思ってたし、やっと大学出たばかりで結婚だの婚約だのって、本当に頭になかったから。




それから少しして私と彼が別れたことを知った友人のA子が、そのことを確認してきた。
「別れたよ」
って言ったら
「じゃあもらっていい?」
って言われた。
A子が彼を好きらしいってのは別ルートで知ってたので、
「別れたんだから私には関係ない」
って答えた。
A子はその後、彼に告白したそうだ。
そのまま付き合いも始まった様子だった。

そして卒業して半年ぐらい経った頃。
大学時代の友人たちと集まった時に、A子と彼が婚約して、今は遠距離だけど近々結婚するんだって聞いた。
(ずいぶん早い展開だな)
とは思ったけど、もう私には関係なかった。

8: 名無しさん@おーぷん 2017/02/24(金)18:47:20 ID:d6h
それから一年半後に、その元彼の地元の県庁所在地に新しい営業所が開設され、私はそこに行くことになった。
なんか嫌な予感はしたんだけど、案の定引っ越して数ヶ月後に大学時代の友人経由で私の異動を知ったらしく(こういう余計なことをペラペラしゃべるやつにも腹が立つ)、社名で住所を調べて元彼に待ち伏せされた。

昔は普通に好きだったのに、顔を見た瞬間
(うわ、鬱陶しい)
としか思わなかった。
一緒にいるところを会社の人に見られたくなかったから地下にある喫茶店で少し話したけど、
「こっちにくるなら、ほんの少し待てば良かった」
だの
「返事を急がせ過ぎたことを後悔してる」
だの
「忘れたことはなかった」
だの言うもんだから、
「奥さんいるんでしょ。大事にしなよ」
って言ったら、
「あの頃の自分はどうかしてた。
そばにいてくれるなら誰でも良かった」

とか言い出した。
(こりゃ早いとこ逃げなきゃ)
って思って
「悪いけど終わったことだから」
って席を立った。

その後も週2回ぐらいのペースで待ち伏せされて、その都度自宅を特定されないように巻くのに苦労してた。
それで同じビルで勤めてて友達になった女性に相談したら、
「近くで勤めてるいつも定時で帰る兄がいるから」
って紹介してくれて、新しくできた彼氏のふりしてしばらく一緒に帰ってもらってた。
それがどうにか成功したのか、元彼の姿は見えなくなったのでホッとした。

友達のお兄さんとは、清々しいほどに何もなく解決と同時に終わったw



俺の嫁なんていねぇ!: 1 (百合姫コミックス)