562: 名無しさん@おーぷん 2017/02/19(日)20:00:04 ID:asr
母親から逃げるために、弟と妹を生け贄にしたこと。


うちは両親がちょっと特殊な仕事をしていて、私は “どちらかの跡取り” になることを義務づけられていた。
物心つく前から
「将来は◎◎か、△△になるのよ」
と言われて育ち、そのための英才教育を徹底的に仕込まれた。
読書以外の娯楽は一切禁止で、友達と遊ぶ事も許されなかった。
幼稚園から帰るのが嫌で
「家に帰りたくない、ずっと幼稚園にいたい」
とダダをこねたことを、今でもよく覚えている。




小学校1年生のときクラスメイトが、
「妹が生まれてから、両親が妹にかかりっきになった。妹のことばかりで、自分はほったらかしにされている」
と言うのを聞いた。
(弟か妹が生まれれば、両親は私をほったらかしにするかも)
とひらめいた私は、帰宅してさっそく両親に
「弟か妹がほしい」
とねだった。
両親としても、跡取りは2人( “父方の職業を継ぐ子” と “母方の職業を継ぐ子”)必要なので、いずれは…と思っていたらしい。
私は両家の祖父母&従兄弟にも働きかけ、
「やっぱり一人っ子は…」「兄弟はいたほうが…」
と誘導してもらった。
そして私が小学校3年生のときに弟が、小学校6年生のときに妹が生まれた。

私の思惑通り母は弟と妹にかかりっきりになった。
そして私はそれとなく、弟と妹がいかに優秀か、自分よりいかに優れているかを両親と弟妹に刷り込んだ。
「弟は私より◎◎に向いてると思う」「私なんかより妹のほうが、ずっと△△がうまい」
と言い続けていたら、いつの間にか弟も妹も本気になり、私が大学受験を迎えるころには
「跡継ぎになりたい」
と自分から志願するほどになった。

結果、両親は弟と妹を跡取りにし、私は晴れてお役御免となった。
「お前には悪いが、お前を跡取りとして認めない。弟妹に継がせるから、お前は自分一人で生きろ」
と言われたときの開放感は忘れられない。
遠方の大学に進学し、そのまま就職して結婚して、今に至る。

2人とも立派な跡取りになり、
「お姉ちゃんが譲ってくれたおかげで、天職に巡り会えた」
と喜んでくれている。

譲ったんじゃなくて押し付けたんだ。
巡り会えるように洗脳したんだ。
自分の人生を守るためにしたこととだから後悔はしてないけど、今でも申し訳なく思っている。


563: 名無しさん@おーぷん 2017/02/19(日)21:05:09 ID:epg
>>562
それはよい話ではないか

564: 名無しさん@おーぷん 2017/02/19(日)22:06:51 ID:ZQd
>>562
結果良ければ全て良し
あなたは嫌で仕方なかった家業から逃げられて、妹達は天職に出会えた
誰も損してないからいいんだよ
でも誰にも言わないほうがいい話って感じ

565: 名無しさん@おーぷん 2017/02/19(日)23:12:14 ID:N9E
win-winって奴ですなw



スーパー・ベスト
Off Course / SuperBest