784: 名無しさん@おーぷん 2016/12/16(金)13:20:32 ID:e9M
会社の二年上で憧れていた人がいた。
が、『婚約者がいる』と聞いていたので、特に告白はせずアプローチも一切しなかった。
面倒なの嫌だし略奪する趣味はないし。
ただ、当時は恋愛慣れしていなくて顔に出やすかったから、好意があるのは知られていたと思う。


その先輩が結婚して二年後、飲み会の二次会のバーでいきなり隣に座られた。
(なんだろう)
と驚いていたら、
「おれさー、結婚前、君のこと結構好きだったんだよね。
君もそうじゃなかった?
君が告白してくれたら、違った道があったと思う」

この瞬間、残っていたごくかすかな憧れが全て吹っ飛んだ。
(いや、何よその姿勢、なぜ私が浮気相手になるリスク背負ってまで、あなたに告白しないといけないのよ)
みたいな。
で、
(なぜ今それを言うか?)
と気持ち悪くなった。
「あーそうですか。けど、もう私彼氏いるんで」
と言って離れた。

なんだったんだあれ。なんか気持ち悪かった。



No Way (No Way Jose)