586: 名無しさん@おーぷん 2016/12/10(土)08:30:26 ID:SFG
転勤族の旦那と結婚して国内を転々とする生活。
父が亡くなった時は仙台~岡山ぐらい(これはフェイクですが)の距離にいて、死に目には会えなかった。
そもそもが心不全での急死で連絡があった時点で亡くなってたし、その日は娘(小学生)が修学旅行から帰ってくる日で、尚且つ旦那は出張中だったからすぐに発つわけにもいかなかった。
父とは割と仲が良かったし、結婚後も一緒に旅行とかもして悲しいのは当然だったけど、転勤族と結婚した時から
(死に目には会えないかも知れない)
と言う漠然とした覚悟はあった。
だから連絡が来た時にはショックはあったけど意外と冷静だった。
それでも骨になる前に父の顔を見たかったから、夫にはあとから来てもらうことにして翌日娘と共に実家に向かった。
父の顔を見た時には涙が止まらなかった。


と言う、ごくごく普通の親との別れだったと思うけど、
なんか知らんが義兄嫁に絡まれて鬱陶しい。
義兄嫁曰く、
「親が死んだのにそんなに冷静にいられる(私)の神経が信じられない」
らしい。
「何を置いてもまず実家に向かうべきだろう、母親だって悲しんでるのだからその感情を共有し寄り添うのが娘、子供の修学旅行なんて誰かお迎え引き受けてくれる友人のひとりもいないのか、預けられる人もいないのか、父親が死んだのによく一晩眠れるな、そんな冷たい人が義理とはいえ妹だってことに虫唾が走る。」
と、数年後の会話とは言ええらい言われようだった。




587: 名無しさん@おーぷん 2016/12/10(土)08:30:42 ID:SFG
義兄嫁も遠方から嫁いできた人で、お父様が亡くなった時は一ヶ月ぐらい危篤と回復を繰り返し、行ったり来たりと大変だったそうだ。
そんな義兄嫁からしたら、私みたいなのは信じられんのだろうな。

でも義兄嫁のケースと私のケースは全然違うし、すぐに行かなかったから薄情ってわけでもないと思うんだけど。
私は私なりに父の死を悲しんだし、ショックだったけど、現実は現実であるわけだし。
3年ごとに引っ越しを繰り返していれば、娘を突然預けられるほどの信頼できる友達なんてそう簡単にできないよ。
虫唾が走るならどうぞどうぞ全力疾走でもなんでもしてくれて結構。
こっちだって義理の姉とか思ってないし、思ってくれなくても結構。

また新年がやってくる。
(やだなぁ、またあの女と顔を合わせて嫌味のマシンガン向けられるのかー)
と思っていたら、この年末は義実家には来ないらしい。
旦那情報によると離婚するとかしないとか。

してくれ!
離婚してくれ!
お願いだから!!!
どっちが原因でもいいから頑張れ義兄!


588: 名無しさん@おーぷん 2016/12/10(土)09:22:31 ID:fje
>>587
そんな独りよがりな義兄嫁なら、身内はいつもイライラさせられてたと思う
離婚になるよう、こちらでもそっと祈ってるよ

589: 名無しさん@おーぷん 2016/12/10(土)09:45:21 ID:6ls
>>587
私も転勤族で似たようなもんだったわ。
そんな人世の中にはいくらでもいると思うけど、かの国の人みたいに髪を振り乱しして雄叫びをあげ、悲しみをアピールでもすればいいのかねw
めんどくさい義兄嫁だね

590: 名無しさん@おーぷん 2016/12/10(土)10:04:35 ID:FwJ
>>587
虫唾全力疾走ワロタw
頑張れ義兄!私も力いっぱい応援しとく!

私も転勤族で、母が亡くなった時は新幹線と飛行機の距離でなんとかギリギリ死に目には会えたけど、0歳抱えて準備とか色々してからの出発だったから、きっとその義兄嫁には責められるな
悲しみ抱えてすぐに飛び立つなんて実際無理だよね



ダストスパート (ポケットコミックス)