124: 名無しさん@おーぷん 2016/10/17(月)20:32:46 ID:6t1
従姉妹の結婚式の二次会で、高校時代の友人が爆弾発言かました。
「(従姉妹)ちゃんのことずっと好きでアピールしまくってたのに、ド天然で鈍感だから全然気付いてくれなかったんだよなぁ」
コイツ(以降ロリ男)が従姉妹を好きなのはみんな知ってたが、流されて相手にされてないのもみんな知ってた。

これを聞いた従姉妹から表情が消えてゴミを見るような目になり、
「気がついていたけど相手にしなかっただけ、欠片も興味がないとアピールしても気がつかないお前が鈍感」
と返した。
だが、これに納得いかないロリ男、必死で反論。
「またまたそんなこと言って、全然気がついてなかったじゃん」




そこで、助け船を出すことにした。
「当時、従姉妹からずっと相談を受けてたよ、
『あの勘違いカス野郎をどうにかしろ』
って」
ロリ男、ポカーンとした顔で俺の事見てくるから説明してやった。
「遠回しに言っても理解してくれんし、『お前の事好きじゃないんだろ』と言っても聞かないし、俺が『いい加減告白して玉砕しろ』って言ってもお前
『そんな事はない』
って言うし。
俺は『ずっと諦めろ』って言ってただろ」

と現実をつきつけた。

でも
「えっ?いや、だって、そんな、うそ、えっ?」
と受け入れられない様子で、しばらくして
「じゃあ、なんでそう、はっきり言ってくれなかったんだよ」
と逆切れ。
従姉妹の視線はすでに氷点下でゴキブリでもコロッと逝きそうな感じで、
「断るのも辛いし相手を傷付ける事も出来ればしたくない。
それでも勇気を出して告白してくるなら誠意をもってキッパリと断る。
でも告白もされてないのにどうしろと?」
「『あなたの態度は私に好意があると受け取れるが私は何とも思ってない』と、何も言われてもないのにフレとでも?」
「自分が傷付くのが怖くてリスクを背負うのを避けて相手に一方的に負担を強いるカスのために心に負担を負えと?」
「そもそもなぜ、私があなたに好意を抱くと思った?顔も並み以下、チビでコンプレックスの固まり、運動も苦手で頭も悪い、頑張っても出来ないならまだしも最初から諦めて努力もしない」
「中身が一番酷いカス。何一つとして人に誇れるものが無いくせに、人の努力を笑う最低辺のカス」
「何か一つでも人に誇れるものはある?あるなら教えてよ?そしたら最低辺と言ったことは謝ってあげる」
と、まあ、長年の鬱憤をはらすようにフルボッコにしてた。

ロリ男、思わず逃げ出すも納得いかないのか新郎に従姉妹のえげつなさを訴えるが、
「うん、そうだよね、本当カッコイイよね」
と笑顔であしらわれてた。

ロリ男のせいで俺まで氷点下の視線で睨まれてスゲー修羅場だったよ。

125: 124 2016/10/17(月)20:39:50 ID:6t1
ちなみに何故ロリ男かと言うと、好みのタイプを聞かれて
「小さい女の子が好き」
と答えてロリ男と呼ばれるようになったんだ。
実際は従姉妹の背が低いことからスキスキアピールの一種だったんだが、みんなわかった上でうっかり誤解した。



やっと言えた言葉
やっと言えた言葉