252: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)05:58:55 ID:uK9
かいつまんで言うと全くの誤解で半殺しにされかけた事がある。

大学入学を機に引っ越してから数日経ったマンションでネットやってた時。
夜中にカチャカチャ音が鳴るから何だろうと思ったら、
誰かが郵便投入口の金具に指突っ込んでやがった。
「オイ、何してンだ!」
って叫んだらカチャカチャ音はやんだ。
(ドロボーか何かか?)
とか思いながら、明日大家と警察に一応相談に行こうと思った。

そして翌朝、家を出ようとした時にいきなり頭を何かで殴られた。




ずっこけて激痛に悶絶しながらも上を見上げると、
手に組み立て式アルミ棚の足みたいなの持った長い髪の女が髪を振り乱して
「よくも私の○○を奪ったな!○○はどこにいる!出せ!!」
とか訳の分かんない事喚いてやがる。
そのままその棒?を振り回して再度殴りかかって来たので、とっさに足でその女の腹押したらそいつが後ろに転倒した。
フラフラになりつつ両隣のドアをドンドン叩きまくって大声で
「助けてくれー!」
って叫んで助け呼んだ。
超運良く隣のおじさんが家に居てくれて、頭押さえて「助けて」って言ってる俺を見て大慌てで家に匿ってくれた。
俺を襲った女は
「開けろ!そいつを出せ!」
ってドカドカドアを叩いてきた。
おじさんはドア越しにその女に話しかけて気を引きつつ、冷静に警察を呼んで
「もう大丈夫だ、安心して」
と言ってくれた。

失礼な話だが、太り気味でランニングシャツ姿の中年おじさんをこれほど心強いと思う日が来るなんて思わなかった。
それから5分くらいしてパトカーで駆けつけてくれたオマワリさんにその女はあっさりとっ捕まった。
警察署から自転車ですぐの距離にあるマンションでホントに良かったと思う。

そんで、俺はおじさんが呼んでくれた救急車で病院に行った。
右の眉のすぐ脇っちょの肉が削げて思いっきり流血してた。
「あとちょっとずれてたら失明してたかもしれない」
って医者に言われて心底ぞっとしたわ。

結局俺を襲撃してきた女はレズカップル(!)の片割れで、姿を消した自分の恋人(それが○○だったらしい)の住んでたマンションに男が出入りしているのが見えたから、
「コイツが自分の恋人を寝取った!」
と勘違いしたらしい。
「アイツは私達の仲を引き裂いた悪魔だ!」
とか
「ホントは○○をどこかにやったに違いない!あいつも尋問しろ!」
みたいな感じで支離滅裂な事ばかり喚き散らしてたらしく、俺への謝罪は一切なかった、っつーかコッチが謝罪するのべきと確信してたっぽい。

詳しくは言えんけどそいつは精神科の通院歴もあったらしいので随分揉めたが、俺の負ったケガが一歩間違えば重篤な障害になりかねないものだった事と、その女が全く反省する態度を見せなかったのでキッチリ塀の中にブチ込んでもらった。

退院した時におじさんに礼を言いに行ったが
「畏まった礼なんていいから黒生2~3本おごってくれ」
ってガッハッハと笑ってた。
焼肉屋の食べ放題に誘ったら大喜びしてくれたわ。

その後大家の計らいで家賃もほとんど変わらない別の(襲撃された場所よりかなり遠い)マンションに引っ越させてもらった。



座敷女 (ヤングマガジンコミックス)