206: 名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土)11:28:14 ID:???
修羅場ってほどでもないから独り言がてらチラ裏に。


母はエネmeだった。
父は浮気症パチンカスで酒乱。職業は一人親方の溶接工。
母がエネmeやってた理由は
「好きだから」
浮気されても家にお金を入れてもらえなくても、
「あの人のことが好きだから」「支えたい」「何だかんだ言っても戻ってくるのは私の所だから」
だのと演歌みたいなこと言ってた。




その母が、私が中1の時突然エネmeを止めた。
突然父に対して冷たくなり、最低限の世話しかしなくなり、仕事を増やし、シャキシャキした女になった。
父は母の機嫌を取ったり、怒鳴ったりの繰り返しでオロオロしていた。

今まで父にばかりかまけていた母の目がこっちに向くようになり、私は塾へ行けるようになった。
弟はおねしょとチックが治った。
父の前でオドついてる母が嫌いだったけど、それ以後は好きになり、友達の家へ入り浸るのをやめ、家の手伝いをするようになった。

高1の時離婚が成立。
その頃には父は大分まともになってたんだけど、母の気持ちが完全に離れちゃっていて、離婚不可避だった。

最近母に
「なぜ急に父に冷たくなったのか」
とやっと聞けた。
なぜか聞いちゃいけないような気がしてずっと触れずにいたんだよね。

母、
「スーパーでちふれの口紅(300円くらいのやつ)を買って鏡の前で付けてたら、あの人(父)が後ろでプッと笑って
『獅子舞が口塗ってやがる』
と言って、その時
“この人を好きでいてもいいことないな”
って気づいたの」
だそうだ。
もっとひどいこと一杯されてたし、早く気づけよって感じなんだけど。
コップが溢れた瞬間ってやつなんだろうね。
父があの時獅子舞呼ばわりしてくれて逆にラッキーだった。

一人がエネmeやめたら皆幸せになった話。



みんなしあわせ