510: 名無しさん@おーぷん 2016/08/24(水)17:00:39 ID:XT4
大学の時、ポエマーな人が好きだった。
線が細くて繊細で、詩とか書いてて、バンプのボーカルの人にちょっと似てた。
一緒にクラシックコンサートに行ったり買い物行ったりして、ちょこちょこデートしてたけど、いざ告白したら
「友人にしかみれない」
とお断りされた。
悲しかったけどしゃーない…と思うしかなかった。

それからときどき彼から電話がかかってくるようになった。
その度に私はドキドキして、
(なんで電話してくるんだろう、もしかして…)
なんて淡い期待をしたり。




ある日、
「二人で会いたい」
と言われ舞い上がり、できる限りオシャレして会いに行ったら、当時の彼女の悩みを相談された。
「こんなこと(私)にしか相談できなくて…」
だとさ。
帰って大泣きして、一生懸命考えて
「まだあなたのことが好きです。だからもうメールも電話もしないでください。」
というメールを送り、連絡先を消去した。
22歳のとき。


こないだ(私27歳)、知らない人からラインが来ていて、上記の彼からだった。
文章は読みにくくポエミーだったんだけど、要約すると

「この間(私)が男性と一緒に歩いているのを見た。
手を繋いでていやらしい。
可憐で純粋だった(私)はどこにいったのか。
あの男は(私)には似合わないし、不幸になるだけだと思う。
話し方も威圧的で、女性蔑視を感じる。
目を覚ませ、またご飯行こう」

というものだった。
一緒だった男ってのは彼氏で、上記の彼と見た目は真反対と言っていいゴリゴリマッチョ。
彼は全然女性蔑視じゃないけど、完全体育会系でちょっと言葉が強めに出るときがある…のはいいけど、
(会話を聞くほど近づいていたのか…)
という方がずっと気持ち悪い。
ていうか、なんかいろいろ気持ち悪い。

(そういえばあの人は先入観で人を見てるとこがあったな~)
とか思い出してきて、私個人的には彼への片思いは大事な青春の1ページとして残ってたけど、5年越しに目が覚めてしまった。

冷め話でした。



詩集 夢からさめて