251: 名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金)10:02:59 ID:VCf
知人の男性が自分で破談にしておいてロミオになった。

この人は44まで恋愛経験もなく生きてきて、45間近で婚活開始。
私が紹介した9年下の女性がやっと応じてくれたのに、半年付き合い婚約してから
「やっぱりもっと若い人がいい」
と断ってしまった。
しかも理由を馬鹿正直に話したらしくて私の面子丸つぶれ。




1年後の先日私に電話が来た。
内容は1年前迷惑をかけた私への謝罪と
「彼女は今どうしていますか?できればもう一度取り持って欲しい」
という依頼だった。
「もうとっくに別の方と結婚されています。あなたの次に付き合った人と二ヶ月で結婚されました」
とありのままを返しておいた。

なぜいつまでも振られた側が前に進めずにいられると思うのか。
アラフィフになるとよっぽどお金がない限りは、若い子にしたいしたくない以前にガクッと紹介できる数が減る。
だから「その人で決めておきなさい」と言っていたのに。

親戚のアラフォーの女性も同じことになった。
やっぱり恋愛経験のない子で、婚約してから
「もっといい人がいそう。ここで決めるのは嫌だ」
と破談にしておきながら、三ヶ月後に
「もう一度付き合いたい」
と連絡が来た。
「向こうも色んな相手と並行して婚活をやっているんだから、よっぽどあなたにメリットがないと戻る理由がないの。あなたの結婚相手としてのメリットって何?」
とオブラートに包んで言っておいた。

恋愛経験がないと男女とも自分の市場価値が分からないものなんですね。
「相手の条件がどうこう」ばかりで、『自分が何を提供できるか』を考える人がいない。
付き合いの多い仕事柄何かと紹介を頼まれることが多いんだけど、こんなことばかりでもう二度とやりたくないと思っています。


252: 名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金)11:24:44 ID:8ow
>>251
ロミジュリすら他人頼みとは…

まあ破談になってよかったんじゃない?
結婚してから「やっぱりもっと…」とかになるよりも
付き合いって大変だね、そんなのに相手紹介しないといけないって



Uターン禁止  大和和紀シリーズ2   若木書房 1972年 (大和和紀シリーズ)