168: 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)11:43:53 ID:yNu
海街ダイアリーって言う映画のCM見て思い出した。

うちの家もあんな感じで両親が離婚して(原因は父親がほかに女と子供を作った)、家族構成も似た感じ。微妙に違うけど。
離婚して10年たたずに父親はがんで死んだ。
一番上の姉が
「葬式にはいかない」
といったので、私も真ん中の姉もいかなかった。

母の実家で家族4人お世話になってたが、母はあまり体が強い方ではなかったので、父が死ぬ2年ほど前に母も死んでいた。
祖父母のところに父親の不倫相手で今は正妻となった人から、
「(父)が病気になったから会いに来てほしい」
とかいろいろ連絡はあったそうだが、一番上に姉が全部断ってた。




祖父母の家に、父の葬式に出なかったことを責めに父の奥さんがやってきて初めて病気の頃から連絡があったことを知った。
でもなんとも思わなかった。
それで、その時に子供を連れてきてて、
「あなたたちの妹もいるのにあまりにもひどい対応だ」
と言われて時に一番上の姉が、ものすごく怖い顔で、
「妹なんかじゃないです。
私の妹はこの子たちだけ。
二度と顔を見せないで。
帰ってください。」

と言って帰らせた。

私は離婚するときのいきさつやなんかをあまりわからなかったので、
父親はいないのが当たり前で、恨むとかそんな気持ちも何にもなく、正直会いたいとも思ってなかったけど、姉たちの心の中は色々あったんだろうなと思った。

母も、祖父母も、姉たちも父親のことは一切口にしなかった。
今考えれば不自然なくらい口にしなかった。
私も空気を読んでたのかよくわからないけど、父親のことは口に出したことがなかったし、考えもしなかった。

あの映画が公開されて評判になった時、姉たちが吐き捨てるみたいに
「こんなことできるわけない。気持ち悪い。」
って言ってた。
その時私は、
(そうなのか、気持ち悪いのか)
って思ったんだよね。

正直相手に対して本当に何にも感じなかったから、姉たちは大変だったんだなって思ったっていう話です。
落ちも何にもなくてだらだら書いちゃってすいません。



プリンキャップ