527: 名無しさん@おーぷん 2015/12/28(月)22:09:13 ID:jny
8年前に分かれた元夫と偶然再会した。
今住んでるの名古屋。
別れた時は元夫の地元の九州の某県某郡某村字ナントカw
まさかこんなところで会うとは。

後ろから肩叩かれて
「久しぶり、偶然だねい」
とか言われても誰か分からんかった。
倍率ドン!ってぐらい太って人相も変わってたけど、
よく見たら確かに元夫。




友達と旅行で来てるらしいことや、
「まさかこんなところに君がいるなんて」
とか(私の地元は全然別のところ)、
「偶然過ぎて何か意味のある再会なのかなって思っちゃうよね~」
とか、
ちょっと何言ってんのか分からなかった。

そこへ待ち合わせしていた現夫が現れて
「誰なの?」
って聞かれたから
「前に話した元旦那~」
って、わざと“前に話した”を強調した。

元夫、それまでの馴れ馴れしい物言いから
「では、そういうことで」
と更に意味不明の言葉を残して去って行った。

言っちゃあ悪いけど羽根が縫い目から半分出てるようなダウン着て、ニット帽もなんか脂でテカテカしてて、別れる前はそんな酷い恰好じゃなかったのに、
(ずいぶん落ちぶれたなぁ)
って感じだった。
現夫はビジネスコートが似合ってたし、身長も元夫より15cmは高いし、悪いけど比較するのが可哀想なぐらい。

元夫と別れた時、私は身も心もボロボロだった。
財産分与も慰謝料請求も全て捨てて迎えに来てくれた兄の車に飛び乗って逃げるように地元に帰った。
元夫と義父母・義姉から受けた仕打ちは一生忘れないと思ってたけど、今の夫が荒んだ心を救ってくれた。幸せ。

元夫が今どんな暮らしなのか、再婚してるのか、何も分からないけど少なくとも幸福ではなさそうだ。
8年ぶりに復讐できたような気がする。



無意味の祝祭