527: 名無しさん@おーぷん 2015/12/27(日)16:46:40 ID:Ou7
私はドがつくほどの田舎住み。
人は過疎化の一途で少ないが土地だけはだだっ広いし、今の季節は雪が降るので正直一家に一台どころか大人一人に一台は車が必須の地域にいる。

義弟嫁も地元の人なんだけど、最近車を断捨離したらしい。
なんでも今流行りのミニマリストとかもたないくらし?とかいうのにハマったらしく、
「田舎でも必ずしも車持たなくちゃいけないわけじゃないから~」
と義弟嫁所有の軽自動車を手放したとか。
義弟嫁に見せてもらったそういう生活してる人のブログでも、確かにそういう考えで『車持ってないです』っていう生活が紹介されていた。
車を持たなくても工夫して生活すれば大して不便は感じないというので、
「具体的にはどうするの?」
と聞いたら、
「なるべく徒歩や自転車で、ちょっとした遠出にはバスを使います。どうしても車が必要ならタクシーか最悪レンタカーですかね~」
とのこと。




「へー頑張ってね」
って言ったら
「というわけで(義弟子)の送り迎えお願いします」
って言われた。
その日だけだと思って予定を聞いたら
「これから毎日送り迎えしてくれ」
という。
「私も旦那もフルタイムで働いてるし(ちなみに子供はいない)私は残業も結構あるので例え時間があったとしても毎日は無理だよ」
って断ったら
「車持ってる人が気を利かせるべきじゃないですか?」
だって。
何言ってんじゃ。

528: 名無しさん@おーぷん 2015/12/27(日)16:46:57 ID:Ou7
その後義弟嫁の愚痴を聞いたんだけど、車を手放してからの持たないための工夫とやらが徒歩や公共交通機関を使うではなく、
保育園の送り迎えとか買い物とかとにかく知り合いの人を探して
「乗せてちょーだい☆」
の繰り返しだったたらしい。
保育園の送りだったら近所の同じ園の人の家まで行って同乗要請、迎えだったら園まで徒歩で行ってたまたま同じ時間帯に来てた人に同乗要請、買い物だったら知り合いを見つけて同乗要請、とタダ乗りしてたらしい。
「ちゃんとお礼したの?」
って聞いたら
「ちょっと乗せてもらっただけなのにお礼とか必要?ちゃんとありがとうは言ってるよ」
と返された。
恐らくそんなことを繰り返したために今現在周囲から疎遠にされてるみたい。

「それは工夫でも何でもないと思うよ、相手にも予定や事情があるだろうし毎日は大変でしょ」
ってオブラートに包んで言ったら第一声が
「冷たいね」
「この生活を始めて物じゃなく人とのつながりを大切にしてるから人の優しさや有り難みを感じることもあるけれど、最近みんな冷たい!やっぱり新しい価値観を持ってる人は最初は受け入れられないんですね
義姉さんは理解してくれると思ったのに!」


正直そうじゃないだろ!と思ったけど
(この人にはうまく伝えられないだろーなー)
と思って何も言わずに帰ってきた。

529: 名無しさん@おーぷん 2015/12/27(日)16:47:53 ID:Ou7
実を言うと私はあまり自分の私物を持ってない。
でもそれは別にそういう暮らしに憧れてるわけでなく、究極にズボラで掃除がめんどうだから掃除が楽になるよう私物と家の共有スペースにあまり物を出してないだけ。
私物はお互いに個人管理で旦那も私も収集系の趣味を持っている(ただし私の集めてるものは嵩張らないので保管に場所をとらない)から家単位で考えると物が極端に少ないわけではない。

でも義弟嫁は義弟子と何度かうちに遊びに来たことがあるので、物をあまり置いてない部屋を見て私も同じタイプで
「自分のこと理解してもらえる!」
って思ったのかもしれない。
だけど理解するかどうかと送迎をするかどうかは別だし、第一私の住んでるところと義弟嫁達の住んでるところは市内の端っこと端っこで車で片道30~40分はかかる。
たまの緊急時ならともかく毎日送迎行けるわけがない。
そして何より『人の優しさを感じる=私の思い通りに動いてもらえる』とナチュラルに考えてる義弟嫁の神経がわからない。

旦那家は家族間でそんなに行き来があるわけではないから今まで義弟嫁ともそんなに関わりなくて普通の人だと思ってたけど、これからはあんまりお付き合いしたくない。



ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - 【無料お試し版】