213: 名無しさん@おーぷん 2015/11/08(日)11:36:12 ID:c7v
大学時代に付き合っていた彼氏、卒業までに内定が取れなかった。
仕方なく田舎の父親の伝手で地元企業に就職。

私の方は運よく第一志望の企業ではなかったけど希望職種で就職が決まった。
なので
(卒業後は遠距離になるなー)
と思っていたら、彼からプロポーズ。
「就職は止めて俺の地元に来い、結婚しよう」
って。
不覚にも、当時は彼のことが大好きだったし結婚には正直憧れもあったから、不覚にも心が揺れた。

でも当時は就職氷河期と言われた頃で、その中でせっかく決まった希望職種への就職を蹴るという選択肢は無かった。
それで彼には、
「お互い新社会人として暫くは頑張ろうよ」
って説得。
「今結婚してもきっと後悔しか残らないと思うし」
って。
彼は完全には納得していなかったけど、そんな感じで遠距離恋愛が始まった。




最初は私の気持ちを優先してもらった負い目があったので、私の方から会いに行くことばかりだった。
が、3ヶ月経って研修が終わり、配属された先は更に遠方の政令指定都市。
すると会うたびに
「やっぱり辞めてこっちに来い」
と言われるようになった。

又、希望職種に就けて色々苦しいこともあるけど充実していた私と違って、彼は嫌々入った会社だったこともあり、結婚話以外は仕事の愚痴と父親への不満しか話題がなかった。
なので彼と会うとドッと疲れが来るようになってきた。
彼がそんなだったから私の方は仕事の楽しい話もできないし、チラッとでも話すと卑屈な返事ばかりだったし。
それに職場で一緒にいる同期の男性たちの生き生きした働きっぷりを毎日見ていると、彼の人としてのショボさが会うたびに目に付くようになってきたのもあって
(もう終わりにした方がいいのかな…どう言って別れよう)
とそればかり考えるようになってきた。

そして初めての夏のボーナスが出たとき、彼がいくら出たのかしつこく聞いてきた。
まだ新人だし寸志に毛が生えた程度だったけど、
「それを使って旅行しよう」
と言い出した時はビックリした。
彼の方は全く出なかったらしい。

私は初めてのボーナスは大学まで出してもらった両親の為に使うって決めていたので、そう言って断ったら
「今時大学に出すぐらいは親として当り前のことなのに何言ってんだかw」
って笑われた。
それにムカついた。
「ああ、そういう考え方だから自分で内定取れなくて父親にレール敷いてもらったくせに父親への不満しか言えないんだね、悪いけど結婚とか無理、もう来ないから」
って一気に別れを切り出した。
そしたら
「婚約不履行で訴える」
って言われたわ。
「いつ婚約したのか知らないけど、訴えるならどうぞ、受けて立つから」
って言って別れた。

あれからもうずいぶん経つけど、いつ訴えてくれるのやら。



蒟蒻ブッセセンガンマッサージパフ