960: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)20:03:41 ID:Ggw
結婚22年目にして、夫が浮気。
というか夫いわく
「本気の、人生最大の恋」

当時夫47歳。
私41歳。子供は16と13。
夫はそれまでとても真面目な人で、お酒は飲みますが、賭け事もせず仕事も皆勤の人でした。
それが『本気の恋』宣言以降、その女性しか目に入らなくなり、仕事をさぼり、貯金を湯水のようにその女性に貢ぎ…。
私は年甲斐もなく『サレラリ』の状態に入ってしまい、泣いて夫を引止める日々でした。

子供が気づかないわけもなく、というか子供の前でも夫は
「恥ずかしいことなどない!」
と隠さなかったため筒抜け。
当然、両家の親も知るところとなり、家族会議になりました。

夫は
「人生唯一の恋に生きたい」
と宣言し、夫親も私親も子供たちも呆れて
「もう離婚で」
と。
私だけがサレラリが冷めず
「離婚したくない」
と粘っていました。

夫は次の話し合いに浮気相手を連れてきて、浮気相手に土下座させました。
「慰謝料も二人合わせてこれくらい払うから別れてくれ!」
と懇願。
私のことは『二人の仲を引き裂く悪魔』に見えるそうで、憎々しげに涙をいっぱい溜めて睨んでいました。
「あなたに何の権利があって!」
等も言われました。
私がかたくなになればなるほど、二人のボルテージは上がっていくようでした。




でも渦中にいる時は気づきませんでした。
何度目かの話し合いが持たれ、向こうの提示する慰謝料の額もどんどん上がっていました。
ある日、ふっと、浮気相手の口調が鈍い?顔が渋い?のに気が付きました。
二人が帰ったあと、冷静に提示額を見ると、浮気相手の出す額がある一定の額を越えたことがわかりました。
(ああ、ここがこの人の出せるリミットなんだな)
と思いました。
そして彼女が現実のリミット額を目の当たりにして、冷めかけていることもパっと理解しました。

961: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)20:04:07 ID:Ggw
その瞬間、私も冷めました。
子供たちに
「離婚する」
と告げ、両家の親に
「現在の条件で離婚を飲む」
と連絡し、義母から夫に伝えてもらいました。

さてあとは届を提出するだけとなった時、
浮気相手が雲隠れしました。
仕事も辞めアパートも引き払い、それは見事な夜逃げだったそうです。
慰謝料は当然支払われませんでした。
貯金をはたいてまで手に入れるほど48歳(になってました)のオッサンは魅力ないとやっと気づいたのかもしれません。
私も同時に
(子供をこれ以上傷つけてまで引止めるほどのオッサンではない)
と気づきました。

夫は何食わぬ顔で私が仕事中に戻ってこようとしたようですが、長男にビンタされ逃げ帰りました。
「慰謝料は払わないぞ!」
と言われましたが
「いやもうどうでもいいわ」
と告げ、離婚届を提出。
他人になりました。

夫は義実家で10日ほど過ごしましたが、針のむしろに耐えられず家出。
浮気相手を興信所で探したそうですが、見つけた時にはすでに他の男と住んでいたそうで、私に愚痴ってきましたが無視しました。
夫は
「また家族で暮らそう」
と言って来ますが
「あんたはうちの戸籍にいないよ」
でスルーしています。

結局慰謝料をもらっていないので復讐とは言えないかもしれませんが、私はもう十分です。



田村薬品工業 本気ウコン 100mLx50本
本気ウコン 100mLx50本