599: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)13:21:00 ID:q0I
うちのアホンダラ兄貴と元兄嫁さんの修羅場です。フェイク有り。

兄と兄嫁さんは職場結婚。
入籍後も兄嫁さんは会社を辞めず、共働きしてた。
そのせいですれ違ったものか、そもそも相性が悪かったのか知らんが結婚2年目でさっそく倦怠期。
私から見ても冷めてんなー、と解るくらいになってしまった。

この状況をどうにかせんと、兄が思いついたのがサプライズプレゼント。
結婚記念日に指輪を渡してラブラブ夫婦に戻るんだとドリーム全開。




兄は女心を読み違えて失敗した前例がいくつかあった。
例)映画デートと言って呼び出しておきながら『実はこれから二泊三日の小旅行ですv』と新幹線のチケットと予約した旅館のパンフを渡す。
例2)動物番組に出てた白熊を見て、彼女が可愛いと連呼したのでクソでかいぬいぐるみを購入。『アパート狭いからいらない』と断られると苦労して入手したのにと泣く。
なので私と母は必死で止めたのだが、決行しおった…。

そのさっむい作戦というのが、

『結婚した時に誰より大切にすると誓ったけど、他に大切な人ができた。これからの人生は、その人と過ごしたい』と深刻に告げる。
『どういうことなの~』と泣いて詰め寄る(予定)の兄嫁に『今から呼ぶ。君に会わせたい』と携帯電話をプッシュ。
③兄嫁の電話が鳴る。着信の名前を見て首を傾げる兄嫁に『結婚した時より、今の君をもっともっと愛してる。最近すれ違っていたけど、やり直したい。2度目のプロポーズ受けておくれ!!』
④指輪を渡して大団円。

…オチ見えたと思うが、
①の時点で兄嫁はスパッと了承。
「あなたが有責なんだから慰謝料ヨロシク」
と言って最低限の荷物をまとめ、
「待って待って」
と取りすがる兄を置いて実家へ。

その後の話し合いで兄には離婚の意思がなかったと解っても、
「夫婦を続けるのは無理」
ということで慰謝料というか迷惑料50万と財産分与で決着がつき、ふたりは他人に戻りました。

これが昨年の話だが、この夏どういう弾みか復縁したようなので驚いている。
兄貴よ…もう余計なことするんじゃないぞ。



笑伝・三波伸介―びっくりしたなあ、もう