583: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)14:38:51 ID:WT0
よし、じゃあ私も冷め話を一つ。
ケータイからだから読みづらかったら申し訳ありません。少し長めで多少フェイクありです。


昔付き合ってた初めての彼氏で私は浮かれていた。高校の途中ぐらいから付き合い始めて相手は別の学校でした。
お付き合いはまぁ、普通に進み当時の私は『初めての彼氏☆ウキウキ』な浮かれ具合だったと思う。
でも特に相手に不満はなかった。
(少し束縛多いかな?)
と思っていたが初彼補正☆で解決されていた。

そして高校卒業後、私は短大に進学し彼は就職だった。
私の進学先は一年生の時は入寮制で、土日祝等の休日は帰宅制だった。
当時の私はといえば、まだ免許は取得していなく平日は寮→金曜日の学校終わりにはバスで駅まで行き、またバスで自宅近くまで帰るという流れだった(大体一時間弱かかる)。
土日祝日は基本的に昼間~夜まで高校の時から続けていたバイトをしていた。
免許欲しかったし平日働けない分そこで稼ぎたかった。

だが彼は良く思わなかったみたいで、そこらへんから彼が変になった。
朝出勤時間になって、自転車でバイト先に向かう途中(家から数分の場所)で彼出没。
「偶然だね~」
とか言う。
いやいや、偶然じゃねーだろ貴方のお家は私の家から自転車で30分の距離じゃないか!こんな田んぼ道になんの用事があったんだよ!
連絡は小まめに取っていたし、別に蔑ろにしていたわけでも無い。
寧ろ夜遅くまで電話に付き合ったりもしていた。
当然、朝出勤時にそんなもんだから帰りの時も同様。すぐ近くで待ってる感じ。




最初は、
(平日会えないし、仕方ないかな~?)
とか
(わざわざ突然会いに来てくれるなんて!)
と思う私だったが、それが毎週毎週になるとウンザリしてきた。
私も気弱な性格では無いので彼に
「迷惑だからやめてくれ」
って言っても、
「なんで?!会いに来たのに?!」
の堂々めぐり。
別に頼んでないし、そもそもアポ無しに来られても私の予定が狂う。
そんな日々が半年ぐらい続いていた(お人好し過ぎ)。

そして月日は過ぎ、冬頃に私は研修期間に入った。
研修先に一カ月出向き仕事をして、日報を書いて終了という流れ。
その研修が結構ハードで、運悪く私はその直前に車の免許を取りに自動車学校にも通っていたので、スケジュール的には
朝8時には研修→17時に自動車学校→19時以降にバイト
という流れになった。
研修中は自宅に帰れるのでそこは救いだったし、研修先も自転車で15分ぐらいの距離だったので行き来は楽な方だった。
が、彼からしたら
(実家にいるなら俺にも会える!)
という思考になったらしくよりエスカレートしていった。
流石に研修先は教えていなかったが、とりあえずバイト終わりには無駄なエスコートされた(ママチャリ)。

が、皆様お分り頂けるだろうか?
朝研修(肉体労働)→夕方自動車学校(MT車)→夜バイト(飲食店ってハードよね)
の3コンボで疲れていたのに加え、ママチャリで帰宅護衛(頼んでいない)。
フルコンボだド~ン!

流石に疲れ果てた私は、一度強く
「やめて欲しい、本当に迷惑だ、自分の時間が作れない」
とかそんな事を伝えた気がする。
そうしたら、普通男の人ってどんな反応をするかな?『ごめんね』とかあるかな?
皆様の近しい人で想像してほしい。

私の彼氏はこうだった。

「…えぐっ…なん…えぐっ…で?!なんでふじこふじこウエエエエエン」

と、まるでドラマの様に膝から崩れ落ち、彼は自分のママチャリ(お気に入り)にしがみついて泣いていた。

私呆然。
その日は真冬で吐く息が白かったのは覚えている。
そんな日に号泣され、泣きたいのはこっちだわ、と冷めた。
幸いな事に家の近くの田んぼ道だったので人通りもなかったから良かったと強く思ったのが印象的。
途方にくれる私を他所に、彼はピーピーママチャリにしがみつき言葉にならない言語を口から白い息とともに吐き出していた。
私はそんな姿を見て一気に目が覚めた気がする。

その後、なんやかんやありなんとか別れてもらう事ができたが、別れる時も苦労した。
直接私に来ればいいのに、バイト中の私の家に来て
「なんとかしてくれないか」
と母に詰め寄ったそうだ(詳しく聞いていない)
そこにもドン引きした。

言い忘れていたが、私より彼は2つ年上だったが色々残念すぎた。
初彼補正って怖いね。

長くてすみません。思い出しカキコ。



イヤハヤ南友 (2) (扶桑社文庫)