628: 名無しさん@おーぷん 2015/07/03(金)17:37:28 ID:kMu
5月の暑かった日の日没頃、お風呂前にちょっとお散歩しようと、2歳の息子の手を引いて近所を少し歩いて家に戻った。
家の前には男の人が立って、家をジッと見てた。

薄暗い中よく見ると、それは15年ほど前に別れた彼氏だった。

一年も付き合わないうちに別れた人で、初めは真面目で温厚そうだったけど、
「俺と仕事どっちが大事なの」
みたいなことばかり言うようになって、愛想が尽きて別れた。
別れ話はこじれるかと思ったけど、プライドが高いせいか
「俺と別れたいのか。あーそう」
の一言で別れてくれた。
それ以降一切連絡も取っていない。

その元彼が目の前にいて、こっちに気が付いたように目を向けてきて、
手には何か金属の短い棒のような物を持ってた。
声が全く出なかった。
とにかく息子を肩に担ぎあげて走って、明かりが点いてるご近所の家に飛び込んだ。
その家で警察に通報してもらった。


警官立ち合いで聞いた彼の話は、
「仕事や生活が上手く行かず、取りあえず彼女にその話を聞いてもらいたいと思った。
彼女の知人友人をたどって調べたら今は結婚してるとわかり、とりあえず幸せな彼女に会いに行こうと思った。
彼女や旦那さんに怒られて攻撃された時のために、護身用の金属棒を持っていた。
攻撃の意志はない」

と言ってて、そのままKに連れて行かれた。


その後しばらくは夫婦で近所の義実家に身を寄せ、このたびやっと新居が決まった。
借家の家だったとはいえ、引っ越し代諸々大損失だけど、息子が無事だったことだけは何にも替えがたかった。



棒を振る人生 (PHP新書)