550: 1/2 2015/06/26(金)05:36:43 ID:vxc
私の夫はいわゆる大家族の末っ子で、長子とは一回り以上年の差がある。

夫兄弟の一番上である長姉は、中学卒業とともに当時付き合っていたチンピラまがいの年上男と結婚して家を出て、それ以来色々な土地で離婚や再婚を繰り返している女性(今風に言うとDQN?)。
そのせいで、夫が生まれた頃には既に家にいなかったし、その後もほとんど家に寄り付かなかったせいで、兄弟といっても末子の夫とはほぼ面識がない。

夫と私は高校の先輩・後輩で、夫の家が大家族だというのは有名な話だったし、長姉がちょっと危ない人というのも割と知られた話だった(ヤクザの女だとかなんだとか…)。
私が夫と付き合い出した頃にも
「うちにはこういう姉がいて、結婚したら迷惑をかけるかも」
と夫から言われたけど、面識のない兄弟の話というのはいまいち危機感を覚えられなかった。
うちの親には交際を反対されたけど、そのまま付き合い続けて結婚した。
大家族だからって特に問題はなくて、それぞれの兄弟はきちんと独立して就職・所帯を持っていて、最後に結婚した末子の嫁だからって、皆にずいぶん可愛がってもらった。
夫両親も適度な距離を持ってくれる人たちで、盆暮れ正月くらいしか会わなくてよかった。




それが、結婚して3年目に夫が夫実家から相談があると呼び出されたので行ってみたら、見覚えのない女の子がいた。
夫兄弟が多いので誰かの子供かと思ったら、なんと長姉の娘だという。
10数年ぶりに帰ってきたと思ったら、
「預かっといて」
とだけ言って玄関前に置いていってしまったんだとか。

小学生低学年かと思ったら、もう中学校に入る年齢だったらしく、明らかに成長が遅い感じ。
びくびくして、声をかけたり触ったりすると気絶するんじゃないかって勢いで硬直してしまう。
夫両親がその子の持ち物を調べたら、障害を持っているとわかったそう。
通院している病院がわかったので、翌々日にはその病院にも連れて行ったらしい。
病院で一時的に預かってもらえないかとお願いしたそうだけど、定員いっぱいだからと断られたそうだ。
内部疾患やアレルギーなどは持ってないので、
「とりあえずお宅で面倒見て」
と言われたみたい。

それで、夫両親の相談と言うのがありえなくて、
「この子をお前たちで面倒見てほしい」
というもの。

夫両親はさすがにもう子育てをする体力がない。
普通の子供ならともかく、障害がある子は無理。
母親である長姉とはもう1週間連絡がとれない状態。
施設に預けるようなかわいそうなまねはしたくない。
だけど他の夫兄弟たちには既に子供がいる…。
そういう要因を考慮した結果、子供がいない私たち若夫婦に白羽の矢が立ったらしい。

当時夫26歳、私24歳。
結婚当初から子供がほしくて頑張ってたけど、全然できないから夫に頼み込んで一緒に病院に行ってもらったら夫原因の不妊が判明したばかりの頃だった。

このとき、初めて夫の不妊を夫両親に話したのだけど
「それならちょうどいい」
というリアクションだった。
「子供なんて誰が育てても一緒、血がつながってる人間が育てればなおよい」
という夫両親の言い分はちょっと理解できなくて、聞いていて頭がくらくらした。
夫も自分が不妊なのが負い目だったんだろうね、全力で夫両親の提案に乗っかった。
「一時的に面倒を見るだけじゃなくて、そのまま引きとってもいいのでは」
なんて言う。

551: 2/2 2015/06/26(金)05:36:57 ID:vxc
薄情だと言われても、私は
「引き取れない」
と言い張った。

だって、障害を持った12歳の子供を、子育て経験も何もない、しかも一人っ子で子供の面倒なんてほとんど見たことのない私が育てられるわけがない。
というか、私はまだ若いし健康だし、何より自分の血がつながった子供がほしい。
夫と不妊治療して子作りするつもりだったから、こんな子を引き取ったらそれもできなくなる。

そう反論したら、
「え?別に、子供は作ればいいじゃん」
と…。
いやいや、この子を育てながら不妊治療して、妊娠・出産・育児なんて無理無理!
だけど、夫も夫両親も
「皆でサポートするからぁ」
と楽観的。
末っ子で面倒を見られる側だった夫にサポートできるとは思えないし、大体夫両親も体力がないからと子供を押し付けようとしていたくせに、どこからその無責任な発言が出てくるのか。

結局、揉めに揉めて、荷物をまとめて実家に帰った。
そしたら実両親から
「だから結婚に反対したんだ。
夫長姉がグレたのは、家庭環境・両親に問題があったからに違いない。
そんな家に嫁ぐなと言っただろうが」

と説教されて、
「自分で責任を取れ」
と実家を追い出された。
実両親の言うことに何一つ反論できなかった…。

とりあえず貯金はあったから、ウィークリーに転がり込んだ。
結婚で仕事をやめなくてよかったと心底思った。
母親が
「お父さんに内緒ね」
と、生活に必要そうなこまごまとしたものを届けてくれたのもとても有難かった。


私がウィークリーに転がり込んでから数日もたたずに夫から電話があって、長姉が娘を引き取りにきたと聞いた。
長姉娘はそれまで普通の小学校に通っていたんだけど、中学校からは養護学校を勧められたそうだ。
それで、その手続きやら引越しやら転職やらで忙しかったので、本当に「預かっといて」もらうつもりで夫実家につれてきたらしい。
養子話が出ていたことに、長姉は
「勝手なことすんなや!」
と大暴れして娘を連れ帰ったそうだ。
ちゃんと理由話して置いていけよ…障害持ちの子供を何の説明もなく置いていくなよ…
と脱力した。

夫には
「だから帰っておいでよ!」
と、すべての問題が解決したように言われたけど、もう夫と夫両親についていけなくなってたから、
「離婚を前提に話し合いましょう」
と返したら意味がわからなかったみたいで驚いていた。
夫の中では、長姉娘の件がすべてだと思っていたんだよね。
だけど、私の気持ちがさめたのは長姉娘のせいじゃない。
夫にはわからなかったようだけど。

話し合いがまとまらなくて調停にもつれ込んだけど、調停員の人に
「それくらいで離婚なんて、あなたは情が薄すぎる」
と言われてへこんだ。
このままではいよいよ裁判か、というときに、それまでノーリアクションだった私父が、いきなり
「飲みに行こうか」
と夫を連れ出して、男同士で一晩中語らってきた。
どういう話をしたかは教えてもらえなかったが、その翌週には夫が
「離婚しよう」
と態度を変えたので驚いた。

その後、すんなりと届けを出し、互いの貯金やら家電やらを分けて円満離婚。
私も離婚から数年たって、いい人と出会って再婚して子供も産んだ。
両親には今でも頭が上がりません。



酔うだけ酔わせて
酔うだけ酔わせて