103: 名無しさん@おーぷん 2015/06/23(火)13:06:33 ID:???
私の元夫はなぜかゴミや汚れが見えない人だった。

独身時代一人暮らししてる部屋に遊びに行ったらすごい綺麗に片付いていて、
「綺麗にしてるねー」
って言ったら
「今時男だって家事できないと困るだろw」
って言ってたけど、実際はテレビに出るような汚部屋になるのを見かねて元姑が掃除に来ていただけだって、結婚してから知らされた。

元夫には嘘をついてた意識はないのね、元々見えてなかったから。
無いはずの物が無くなったって気づかない。
元姑さんは
「掃除に行くよ」「行ったよ」
って報告はしてたみたいだけど、彼的には
「俺ちゃんとやれてるのに母さん心配性w来たって何も変わってないじゃんw」
って感じだったみたい。

段取りが組めない、手際よく動けない、材料を均一に刻んだりもできないから、料理も壊滅的に下手だった。
だけど、激務でなかなか自炊する時間が無い、基本外食やコンビニ弁当ばかりになっちゃうって言われて、覚えたり練習したりする時間が無かっただけだなって思ってた。

結婚してから、脱いだ靴下をそこいら辺にぽーい、パンツもぽーい、
「脱いだ物はすぐに洗濯カゴに入れて」
って言うと、
「え?何?どれのこと?」
ってきょとんとして、私が拾って
「はいこれ!」
と言うと、そこで初めて気づいたみたいに
「ああ!これか!」
ってなるの。

最初は
(ふざけてるのか?わざとやってるのか?これが彼なりの新婚時代の甘え方なのか?)
って考えたけど、本当に自分の体から離れたら意識からすっぽり抜けるだけだった。
嘘みたいだけど本当にそうだった。

見えてないし意識もしてないから、人間って生きてるだけでこんなに汚せるんだ!ってびっくりするくらいあちこち汚した。
朝の身繕いすると、洗面台は水跳ねでびっしゃびしゃ、床まで濡れてる、鏡には歯磨き粉の飛沫が点々と散り、黒い粉状の物が落ちてるから
(なんだ?)
と思ってまじまじ見たら
電動カミソリで剃った後の飛びちった髭だった。

元々お腹が弱くて、同じ物食べても元夫だけ痛くなるなんて事もあったけど、トイレもすっごい汚す。
最初は自分かと思って使用後チェックするように気をつけてたんだけど、私じゃ無かった。
使った後は確認して、汚した直後ならちょちょっと洗剤かけてティッシュで拭けばすぐ綺麗になるから、ティッシュだって流せばいいだけからって言ってもできないのね。
使用後に便座を上げて見て、裏が汚れてたら拭き取る。
たったこれだけの事がなぜかできないの。

私が家にいる時はまだマシなんだけど、私が仕事で何日か家を空けたりするともうお手上げになるくらい汚してた。
前述の通り炊事できないから全部買い食いになるんだけど、食べ終わった物を持ち帰ってきた時の袋に入れてその辺に転がして、本人は捨てたつもりになってるんだよね。
玄関先にマジックで大きく
【燃えるゴミ】【燃えないゴミ】【ビン】【カン】【ペットボトル】
って書いたゴミ箱を用意したんだけど、そこまでしても分別もできなかった。
飲み終わったジュースのペットボトルは中身を濯いでラベルを剥いでゴミ箱へ、食べ残しと割り箸は燃えるゴミ、弁当の空き容器は燃えないゴミ、たったこれだけの事が本当にできなかった。

思い出しながら書いてて情けなくって泣けてくるけど、本当にできなかった。
子供に言い聞かせるみたいに優しく言ったり、できたら褒めたり、色々やってみたんだけど、その時だけ
「へっへーん♪」
って得意げになるだけで、できるようには全然ならなかった。

そのうちああしてこうしてあれやってって言われるのが嫌になり始めたんだと思う。
私が
「脱いだら洗濯カゴ入れてね」
って言うと、わざとスラックスだのネクタイだのぽいぽいして、
「ゴミはゴミ箱へ」
って言うと、コンビニの袋の中身をリビングにブチまけたりし始めた。




104: 名無しさん@おーぷん 2015/06/23(火)13:06:52 ID:???
この頃はまだ
(結婚前はできてたはず!)
と思っていたから、元夫の奇行に病気を疑って、病院行こうって説得し始めた。
元夫がうんって言ってくれないから実家義実家巻きこんでの話し合いになって、そこで元姑から
「実は…」
と結婚前の事を打ち明けられた。

この頃から私も疲れておかしくなり始めてたんだと思う。

産んでない長男って言い方があるけどまさにそれで、産んだ覚えのない28歳児の育児して、仕事もして、子供ならまだマシかもしれないけど悪知恵とか悪口とかはちゃんと1人前に大人だから振り回されて喧嘩して、
そのうちに私もゴミや汚れを見ない振りするようになって、いつの間にか振りが本当になった。

借りてたマンションの、玄関入ってすぐの部屋を自分の仕事部屋にしてたこともあって、そこさえ片付いていれば他がどうなっていても目に入らない。
キッチン、リビングは異臭がするけど、廊下のドアを閉めておけばその部屋までは臭ってこなかった。
バスは床だけ掃除して春夏秋冬シャワーで済ます、トイレは流れればいいや、ベランダも洗濯物干せるような状態じゃ無かったから仕事部屋に干して扇風機で乾かして終わり。
元夫、靴下パンツシャツ類をぽいぽいして、洗濯もしなければ当然着る物がなくなる。
その度に新品を買ってくるから、ぱっと見だと身綺麗には見えて、仕事終わりに外で待ち合わせて、食事行ったり遊び行ったりする分には仲良く楽しくやれていた。

我に返ったのはそんな生活が数年続き、実母から
「子供の事は真剣に考えてるの?」
って聞かれた時だった。
(あのゴミ溜めで子育てするの?
無理!
子供背中に括りつけて、旦那の使用済みパンツや靴下や腐って小バエのたかるコンビニ弁当の箱を拾って歩く生活するの?
無理無理無理無理!
って。

その日のうちに元夫両親にも連絡して、一番直近で都合のつく日に汚部屋に足運んでもらったよ。
私・元夫・両親・義両親の六人で、最初に私の仕事部屋見てもらって、
「私一人なら片付くんです」
っていうのを見せて、
その後でゴミ溜めを見せて、
「これ以上結婚生活を続けるのは無理です」
って言った。
意地の悪いやり方かもしれないけど、現状を見てもらうのが一番だと思ったから。
元姑さんは
「私が前みたいに通って掃除するから離婚だけは思いとどまって」
って言ってたけど、丁重にお断りした。
それじゃ何の解決にもならないから。

元夫も離婚したくないって言ったけど、
「あなた一人で片付けられたら離婚はしない」
って言ったら、
ハエと小バエがぶんぶん飛んでる汚部屋の真ん中で立ちすくんで泣き出した。
可哀想だけど片付けられないんだよね。
明らかに捨てればいいだけのゴミなんだけど、どれを捨てればいいか判断できないの。
分かっていて言った。

ハエだけじゃなくって、灰色で丸い羽をした蝶とハエの中間みたいな見た目の5mm位の虫と、体長1mm位のメスのカブト虫みたいな形した虫も、白い壁紙に張り付いてた。
なんていう虫なのかは知らない。
虫嫌いだから調べもしなかった。

マンションの退去費用は元夫持ち、家具家電は元夫が引き取り、私は貯金をもらうって事で話合いは終了、その場で仕事部屋で離婚届け書いてもらった。

数日後にはウィークリーマンションに仕事道具を運び出して、私の結婚生活は終わった。

でもいまだに汚部屋の悪夢を見るよ。
虫まみれで片付けてよ!片付けてよ!キーッ!ってなって目が覚めるの。
うなされてるのに気づいた母に、今度一緒にカウンセリング行こうって言われたわ。
行って治る物でも無いような気がするけど、母を安心させるためにも行ってくる。



LCS-211 ぐでたま (未来が見えない) Sサイズステッカー サンリオ ステッカー