14: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)00:43:36 ID:9zW
優しくて面白い所に惹かれ、積極的に話し掛けたり遊びに誘ったりして少しずついい感じになっていたA男から来たメール4部作で涙も出ない程に冷めた。

一通目
「本当にごめん!
明後日、親戚の法事に行かなきゃならなくなった(T_T)
映画すっげー楽しみだったのにー(´Д` )
次の日は空いてる?
私ちゃんが良かったらズラして貰えたら嬉しい…」


二通目
「明後日全然オッケー!
どうでもいい予定しかなかったし( ^ ^ )
合コンとか久しぶり過ぎて今からビンビンだわ(笑)」


三通目
「ごめん、さっき送ったメール変なこと書いてなかった?
友達が勝手に俺の携帯にイタズラしてて勝手に送ったから気にしないで」


四通目
「なーんちゃって!ごめん、ドッキリ!(≧∇≦)
びっくりした?
私ちゃんの反応が見たくてつい…(´Д` )
怒ってる?俺、私ちゃんのこと良いなってずっと思ってたよ?
私ちゃんの気持ちが聞きたいよ」



見苦しい言い訳にしか聞こえないメールに深ーいため息が出て、もう1ミリも好意を感じられなくなってしまった。
もし、仮に言い訳でなく本当にドッキリだったとしても無理だわそんなこと平気で出来る奴とうまく行くわけ無い。
その後ロミオメールらしきものが何通も来て更に深いため息が出た。



ザ・必死―これが終盤の定跡だ (MYCOM将棋文庫)