友達をやめる時 inOpen より
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395364489/

827: 名無しさん@おーぷん 2014/11/20(木)22:16:21 ID:XlbhuxUtN
A子と私は高校からの友達で、大学は違ったけど同時に上京してからも仲良くしていた。

私は料理が好きで、高校生の頃にきちんと習ったので少なくともメシマズではない。
大学生になって一人暮らしを始めてからは、家で料理をするのが趣味で息抜きになった。
A子も半月に一度くらいは私の部屋に来て、ごはんを食べていた。
「普段はコンビニ食だから○○(私)の料理を食べるのが楽しみだ」
と言ってくれていた。

ある時期、鶏皮餃子にハマった私は、具の材料をあれこれ変えて毎日のように作っていた。
A子が食事に来た日も、それまで試した中で一番美味しいと思えたレシピで作って出したら、
「美味しい」
と言って食べてくれた。




その数日後、地元の友達から、
「A子がSNSの日記に私の悪口を書いている」
とメールがきた。
私もそのSNSのアカウントは持っていたけど、登録したきり全く覗いていなかった。
メールを読んで驚いてSNSを見てみたけど、つながっていたはずのA子が一覧から消えている。
それを友達に伝えたら、スクショを撮って見せてくれた。

「○○(私)には今まで何度もごちそうになってきたけど、今回のはありえない。
料理が得意なのを鼻にかけて、妙なアレンジをするようになっちゃったみたい。
鶏皮で包んだ餃子とか聞いたことない。
鶏の皮って普通捨てるよね。貧乏臭い(笑)
捨てる材料のアレンジを思いついたアタシ凄い!ってかんじなのかな(笑)」

という内容。

友達は他にも
「もしかしたら…」
と、いくつかスクショを送ってくれた。
それは全部「たまには料理をしてみたシリーズ」という題名でUPされた写メで、友達の予想どおり私が作った料理。
いちいち
「今回は彩りがイマイチだったかも」
とか
「味はいいけど飾り切りヘタだな(笑)」
とか、自虐風コメを付けていた。
自虐風だけど、実際は私sageっていう…。
そういえばほぼ毎回、
「美味しそう!写メ撮っていい?」
って言ってたっけ。
この日記を私に見られたくないから、SNSのつながりを切ったのかなと思った。

A子には
「SNSの日記見たよ。せっかくつながりを切ってたのに、ごめんね覗いて」
とだけ、まずメールした。
するとすぐに電話がかかってきて、開口一番が
「違うの!」
だったから、
あー全然違わないんだなー
と理解した。
色々言い訳してたけど、ふんふんと聞き流して
「その日記を書いてる便利な箱で、鶏皮餃子の事を調べてみたら?もう家に来ないでね」
と言って電話を切った。

その後、私はずっと鶏皮餃子を作らなかった。
他人に料理をふるまうのも滅多にしなくなった。
A子とはそれっきり。


最近旦那に
「某コンビニの鶏皮餃子を食べてみたら結構美味しかった。嫁は料理得意じゃん、鶏皮餃子って作れないの?」
と言われて、数年ぶりに作ってみた。
あの時A子にふるまったレシピを思い出しながら作って食卓に出したら、旦那は喜んで食べてくれて、嬉しかった。
ずーっと心のどこかに引っかかってた思い出だけど、これっきり忘れて、たまには旦那の為に鶏皮餃子を作ってあげようと思う。



聖ジョルジュ女学園 暗黒料理研究会 タベルナ (1) バンブーコミックス WINセレクション