asahi.com>
ニュース>
社会>
事件・事故>
記事
2011年12月24日11時36分
 
郵便局、暴力被害女性の新住所漏らす 福岡
 
 福岡市早良区の郵便事業会社早良支店が、交際していた男から暴力被害を受けて転居した市内の50代女性の新住所を、本人の同意を得ずに男に教えていたことがわかった。女性は転居先に男が現れたため福岡県警早良署に暴行容疑で被害届を出した。同社は女性に謝罪した上で「担当者や責任者を処分する」という。

 同社や早良署によると、女性は男と交際中の8月、衣服を破られるなどの暴力を受け、早良署に相談した。当時は被害届を出さず、その後、男と別れて市内の知人宅に転居した。

 だが、転居先に男が来たり、手紙を送りつけたりするようになり、今月、暴行容疑で被害届を提出した。同署は男の自宅を家宅捜索して、任意で事情聴取した。男は暴行容疑について認めているという。

 同社によると、早良支店のアルバイトが男から「速達を出したいので、女性の住所を教えて欲しい」と頼まれ、転居先の新住所を勝手に教えてしまったという。同社の広報担当者は「このような事案を発生させて申し訳ない。今後は社員指導を徹底する」と話している。